東灘高校

学校特色化事業(平成21年度)

(1)将来構想委員会の中で、本校の将来像について具体的な提案を行う。

  1. 平成22年度入試に向けて、特色ある類型の設置や教育課程の見直しを図る。
  2. 特色化に対応できる校内体制を確立する。

(2)高校生地域貢献事業

  1. 環境整備事業を推進する
    1.深江駅からの1.5キロの通学路を整備する「クリーン&グリーン作戦」
    2.通学路にチューリップや花の苗を植えていく「花の道プロジェクト」
    3.校内を工業地域のオアシスにする「花の道プロジェクト」「校内オアシス化プロジェクト」
  2. 地域愛事業を推進する
    1.地域の保育所や老人施設へ年2回の「ふれあいコンサート」として、年2回訪問する。
    2.通学路である国道43号線での安全な横断を勧める「おはよう運動」を展開する。
    3.6月の東灘祭や9月に実施する体育祭では「ソーラン」や「空手の演舞」など本校独自にアレンジした取り組みを地域企業や地域の人たちへ発表する。
  3. 地域に開かれた学校づくり
    東灘高等学校をもっと正しく理解してもらうために「オープンハイスクール」等、中学校との交流会を実施する。
    学区内の中学生にアピールできる本校の魅力を紹介し、参加した中学生、保護者、中学校教員には具体的に評価してもらう。

(3)高校生就業体験事業

  1. 第3学年保育選択者にはふれあい育児体験を実施する。
  2. 第1学年では職業体験をより身近なものとするため、 「働く」ことをテーマに総合的な学習の時間を活用した人の生き方やものの考え方について知る機会を、 第2学年ではキャリアガイダンスや職業体験施設の活用を図り、インターンシップが実施できるような環境を整える。

(4)高校生心のサポートシステム
過去の実践例を研究することにより、教職員と生徒の信頼関係に基づく心豊かな学校生活が送れるように、 学校全体の情報共有化により、HR経営を組織的に支援する。

(5)PTCA教育支援活動 通学路を花で導く「花の道プロジェクト」、 通学路の安全を確保する「おはよう運動」、 校内を花でおおう「グリーン作戦」等を実施する。

【平成21年度学校要覧抜粋】


兵庫県の県立高等学校で唯一採択されています。
  文部科学省 特色ある取組をしている学校

2005年(平成17年) 第1回大阪湾フォーラム 参加
  ほっといたらあかんやん! 大阪湾フォーラム (PDF)

2007年(平成19年) 第9回踊りっこまつり 自由部門 「華の舞」 総合得点1位 金賞受賞!
  兵庫県教育委員会 高校生地域貢献事業
  踊りっこまつり  受賞チーム一覧

1974年-2013年 創立40周年 公開:2003年8月1日 更新:2010年1月10日
© Higashinada Senior High School Web